山仁

お知らせ

  • 2020年10月8日

    平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。この度ブログを始めることとなりました。

    https://blog.yamajin.com/

    このブログでは弊社取扱いの珠玉のワイン、焼酎、日本酒の情報、また日々の業務の中で、お客様のお役に立てるような情報などをお届けしていきたいと思います。

    さらに今後毎月5日、20日に発行されることとなる「株式会社山仁公式メールマガジン」にご登録いただけると、各商品についての細かい情報や、弊社代表大橋MWの持つ業界最先端のタイムリーな話題を知ることができ、酒類についての理解がより深まることと思います。

    この先の見えない未曾有のコロナ禍の中、皆さまの「美味しいお酒のある生活」が更に充実したものになるよう、スタッフ一同日々精進いたします。今後も変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

    メールマガジンの登録はこちらから

    メールマガジン登録・解除フォーム

    現在バックナンバーに創刊準備号としてサンプルが登録してありますので、どうぞご覧ください。創刊号は10月20日(火)発信予定です!

  • 2020年8月19日

    平素より山仁オンラインショップをご利用いただいている皆さまにお知らせです。

    オンラインショップの信頼性の向上のため、
    8月25日よりURLが変更となります。

    変更前 https://yamajin.thebase.in/
    変更後 https://ec.yamajin.com/

    となります。

    これからも皆さまのお役に立つ情報の提供や内容の充実に努めてまいります。

    今後とも山仁オンラインショップをご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

  • 2020年8月10日
    ボージョレ・ヌーヴォ

    今年は、11月19日(木)解禁です!

    現状におけるヴィンテージ情報

    7月現在の育成状況は、春先に少々の遅霜が確認できたものの、その後の発芽からは乾燥した温暖な日々が続き、6月の少量の雨は正に理想的な雨となっています。
    今年のヴィンテージは今のところ「優良年」と判断できます。
    濃い香味のワインが期待できそうです!

    (株)山仁ではご購入頂ける全てのお客様に
    「山仁オリジナル収穫年情報シート」を添えて販売させて頂きます。

    ご予約の締め切りは8月30日(日)です。

    ボージョレ・ヌーヴォ 注文票2020

    ご注文は弊社スタッフまたは、
    お電話、FAX、メール等にてご連絡下さい。
    TEL : 028-633-4821
    FAX : 028-632-7189
    E-mail : edi-order@yamajin.com

    ヌーヴォ(新酒)は「ご予約販売商品」という特性がございます。
    ご予約後のキャンセルは不可となりますので、ご理解の程よろしくお願い致します。

    ご予約締切後の追加は大変困難になります。
    必ず締切までにご予約下さい。

    輸送関係業種のストライキや不測の事態の際は数日に渡ってお届けが送れる場合がございます。
    ご了承下さいますよう、よろしくお願い致します。

  • 2020年3月21日

    宮城 導子(みやぎ みちこ)24歳 沖縄県出身

    研修期間を経て、営業部販売課所属の正社員となりました。

    本人よりご挨拶

    去年の六月に栃木へ引っ越してから、
    九ヶ月ほど経ちました。
    前職は沖縄県で飲食店に勤めておりました。
    そこで飲まず嫌いだった、お酒の魅力に気づき
    知識を深めたいと思い入社致しました。
    現在は、江野町方面を配達しています。
    お酒の配送では珍しい女性ということ、
    沖縄県出身ということもあり名前を覚えて
    頂けたりと嬉しく思います。
    沖縄県では体感できない寒さに耐え日光で
    初めて見る雪に感動しました。
    まだまだお酒の知識は不十分ですが飲食店で
    働いていた経験を活かし、お客様の立場で考えお役に立てるよう精一杯努めてまいります。
    宜しくお願い致します。

  • 2020年3月2日

    渡邉社長直々に対応して頂き、多くの事を学ばせて頂きました。こうして学んだことを、
    お客様にお伝えしてゆき、一白水成のお酒がより美味しく感じて頂けるよう、
    社員一同邁進してまいります!

    また翌日は八郎潟に向かい、干拓の歴史やその生態系に触れ、
    また郷土文化であるなまはげの歴史や現状も学ばせて頂きました。

    男鹿半島の海は、冬の日本海のイメージとは違い、美しいグリーン色の海でした。
    我々はこうした自然環境の保護も意識しながら、
    日々の仕事に取り組ませて頂きたく存じます。

ページトップ

最新の記事